フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 立春 | トップページ | 今年一番の大雪か? »

2014年2月 7日 (金)

住まいの勉強

ここ数日、寒い日が続いてます。
インフルエンザも流行ってきてますので、健康管理を十分にして、乗りきりましょう




省エネ基準と住まいの未来

さまざまな施策によって、日本がめざしているのは、人口が集中する都市の低炭素化。
住宅によるCO2削って具体的にどんな内容なんでしょう??

■住宅のエコ化
高断熱構造にしたり、窓を複層ガラスにするなどのエコリフォームをするなど、エネルギー消費の少ない住宅の増加が求められる。また、無駄な資源やエネルギーの削減を実現する、太陽光発電のような自然エネルギーを採用した住宅。

■省エネ製品を選択
家庭用電化製品を消エネ性能が高い物を選ぶ

■CO2の見える化
家庭内で機器を使用する際、そのエネルギー消費量やCO2排出量が常に見えるようにする。

すぐにできりことは、節水や節電を日々こころがける事でしょうか。

これから性能住宅が増えるといいですね。

« 立春 | トップページ | 今年一番の大雪か? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住まいの勉強:

« 立春 | トップページ | 今年一番の大雪か? »