フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 住宅エコポイント再開 | トップページ | TRETTIO »

2015年1月23日 (金)

冬の健康管理

今年は例年以上にインフルエンザ風邪が流行しているようです。

みなさんの周りでは、どうですか?

うがい、手洗いで、しっかりと予防していきましょうね。
適切な休養を心がけて、免疫力や体力低下に気を付けましょう。

もし罹患してしまったら、病院に行くことはもちろんですが、忘れてはならないのが水分補給です。
若い方ならスポーツドリンクが良いと思います。(糖尿病などの方はお茶か白湯が良いのかな?)

栄養バランスを考えた食事取って、安静にしているのが良いのでしょうが…
熱が高いと、なかなか食事がとれないこともあります。

しかし、犬などの動物を観察すると、調子の悪い時は、食事をせず草などを食べ安静にしていることがありますネ。
これが自然界の習わしかもしれません…

食事は無理なく、水分をとり体を温めゆったりと休む、これに限ります。

自然界には学ぶべきことが多く、時に立ち返ることも必要かもしれませんね。
動物には自然治癒力という素晴らしいものが備わっていますのが、そうそうお仕事も休んでいられず、家事や育児には休日がありませんから、一日でも早く治したいと思いますよね…sad

病気への対策として、予防、休養が必要ですが、これらの効果をさらに上げるために体を「温める」ということが大切です。

先人たちは、寒い冬に負けないよう、様々な工夫を凝らしてきました。
中でも食べ物は大きな要素で、体を温める食事を心掛けています。

例えば、野菜を一つとっても、体を冷やすものと温めるものがあります。
体を温める効果のあるものとしては、かぼちゃ、ねぎ、だいこん、にら、しょうが、とうがらしなどがあります。
主に地下で生育する根菜類があてはまります。

逆に体を冷やす野菜は、きゅうり、なす、トマトなどがあげられ、これらは主に地上に生育する野菜です。
夏などは、これらが適しています。

には体を温める作用のある食事することにより、病気への免疫力、抵抗力を高めています。
このように、体を温めること冬の健康法であるわけですから、食事同様に、室内を暖めるということも重要になってくるのです。
 
室内を快適な温度に保ち、なおかつ部屋間の温度ムラを少なくする。

さらにいえば、乾燥しないように湿度も調整する必要があります。

さらにさらにいえば、空気もきれいにな状態にする必要があります。

この温度湿度空気3要素が、健康に欠かせない要素なのです。

温度、湿度、空気を快適にし、温野菜で体を温める、冬の健康法はこれに尽きるのではないでしょうか?happy01

« 住宅エコポイント再開 | トップページ | TRETTIO »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043326/58657735

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の健康管理:

« 住宅エコポイント再開 | トップページ | TRETTIO »